タイトル


16世紀にはヨーロッパの貴族階級で特別な扱いをうけたパピヨン そんな優雅な生活を夢見て、ロンとの楽しい生活を満喫しています。
時には天使のような、時には小悪魔のようなパピヨンに日々翻弄されています。


Happy Life With Ron      Presented by RON☆papa

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回は何故生食?という記事でしたが、今回は実際に食材が届いてからロンが食べられるようにする下処理や調理方法、保存方法なんかを写真と共に紹介したいと思います。
出来る限り私達人間が毎日の食事に使う食材を使って、基本的には調味料なしで作ります。
メインとなるお肉は牛肉、豚肉、鶏肉と色々と使いますが一番量が多いのは骨付きの鶏肉です。
また紹介になってしまいますが、いつも鶏肉を注文するのは宮崎県で無投薬、無抗菌剤、無抗生剤で平飼い飼育した安全な鶏肉を扱っている刀根養鶏場さんです。
私達が食べる鶏肉も勿論一緒に注文していますが、送料負けしないように注文すればスーパーさんよりも安く買えてしまうくらい良心的な価格で良い商品を販売されています。
今回のレシピにも出てくる実際に購入している刀根さんの手羽先はこちらです。

こちらは朝引きの新鮮な鶏肉を冷蔵で送ってくれるので届いた状態から下記のように処理しています。
IMGP2112.jpg
この袋の状態が冷蔵で届いた状態です、本当は冷凍便の手羽先を購入すると価格的には安くなるのですが、カットしたり小分けしたりに手間取るので基本的に冷蔵便を注文します。
IMGP2114.jpg
この手羽先をまずは出刃包丁で皮だけ切り離します、これは脂肪分のとり過ぎを防ぐ目的ですが処理した皮は保存しておいてスープのダシにしたり、塩コショウで焼いて食べたり、油で揚げれば鶏皮の唐揚げ、ネギとオイスターソースで炒めれば中華料理の食材にもなります、決して捨てる事はありませんよ。
IMGP2115.jpg
処理した手羽先はラップで小分けしてジップロックに入れて冷凍保存します。
これにより必要な分だけ解凍して使う事が出来ます。
このようにして手羽先の処理が完了した訳ですが、こちらの手羽先は特に生食用の手羽先ではありません。
人間が食べるには加熱して食べるのが基本ですが、犬の身体は正常に機能していれば生肉を食べても処理出来る作りをしているので豚肉以外は基本的には加熱して食べさせる事はありません。
オオカミは獲物の肉で食べきれない分は地面を掘って埋めておいて、お腹が空くとまた食べます。
犬の身体もオオカミと作りは同じなので人間用の生食用生肉でなくても生肉を食べて問題を起こした事は一切ありません。
ロンも生肉を食べていて血液検査や保有している菌類を調べても異常は全くありません、むしろ健康そのものです。
※今まで生肉を食べていなかったワンちゃんには少量づつにしてくださいね、身体がビックリしてしまいお腹を壊したりしてしまいます。
少しづつ与える事により段々と生肉を処理出来る元々の身体の作りになっていきます。


それでは次は野菜果物類の処理をしていきます。
私が普段から考えている犬にとってのバランスは(肉類70%、野菜果物28%、その他2%)です。
このバランスに関しては人間の食事と同様で、専門家でも考え方が人により様々なので、自分の考え方に沿って作れば良いと思います。
話は戻りますが、その内の野菜果物で犬が一番消化しやすい状態というのは、獲物である草食動物の身体の中にある状態(いわゆる消化されかけのドロドロ)の状態です。
このドロドロの状態に近づけてやる為に下記のようにしています。
IMGP2116.jpg
まずは食材である野菜ですが、写真を見てわかる通り人間が食べる野菜を調理した後に残るいわゆるクズ野菜です。
ちょっと痛みかけの葉菜類、人参の皮、キノコのいしづき等の通常は捨ててしまう部分です。
こういった野菜のクズは普段からタッパーに取っておいてまとめて調理に使います。
食材の野菜類はクズ野菜ですが、農薬等に頼らない出来る限り安全な物を選んでいます。
IMGP2120.jpg
この野菜類をまずは包丁でみじん切りにして、その後はすり鉢でさらに細かくしていきます。
IMGP2121.jpg
これがすり鉢で細かくした状態です、ほとんど赤ちゃんの離乳食状態ですが・・・(笑)
これをそのまま生肉とあえて、鶏肉のダシをとったスープ等をかけても良いのですが今日は少し調理した写真も載せてみます。
IMGP2119.jpg
鍋に鶏肉の皮、葉菜や紫イモ、しょうが、にんにく、昆布、豆腐等を入れてグツグツと弱火で30分程煮ます。
しっかりと冷ました後は細かく包丁で切ってトッピングして完成です。
もちろん今日の料理も一例であり、毎日の私達の食事の中で余った物を使いますので旬の野菜やキノコもバランスよく食べています。
IMGP2122.jpg
庭仕事用の剪定ばさみで1cmくらいに切った手羽先をロン用の食器に並べます。
IMGP2123.jpg
先ほどの煮込んだ野菜類を細かくして上にのせて鶏肉と一緒に混ぜてやります。
さらにゴマと愛情サプリをトッピングして今日のご飯は完成です。
IMGP2124.jpg
野菜類はまとめて煮たら100円均一で買ったトレー付きの冷凍容器で保存しておいて解凍して使うようにしてます。
これにより毎日作らなくても少しまとめて作る事により手間を省いています。

一応生食について一通り書いてきましたので区切りをつけますが、追々と今日のご飯メニューとして少し手の込んだロンの夕ご飯の紹介を記事にしていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ronpapasan.blog136.fc2.com/tb.php/38-729f9d39

<%author>


<P>管理人プロフィール</P>

Author:RONパパ
オフィスワークに追われる毎日から早期リタイヤ目指して奮闘中「一度しかない人生を楽しもう!!」を合言葉に子育て真っ最中(汗)ロンも元気にTwinsと兄弟しています。

Author:ロン
マダムパピヨン犬舎出身
父 のん太
母 みずき
内気で内向的な男の子
ボール遊びが大好きです。
script*KT*

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。