タイトル


16世紀にはヨーロッパの貴族階級で特別な扱いをうけたパピヨン そんな優雅な生活を夢見て、ロンとの楽しい生活を満喫しています。
時には天使のような、時には小悪魔のようなパピヨンに日々翻弄されています。


Happy Life With Ron      Presented by RON☆papa

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずはじめに・・・
年末より体調を崩していてブログの更新もままならずにご心配をおかけしまして申し訳ありませんでした。
ご心配を頂いた方ありがとうございました。
抗生剤を2度程変えて、やっと効き目があり体調も元に戻ってきました。
ここまでひどい風邪に悩まされたのは初めての事で、正直インフルエンザになった時よりも辛い思いをしていました。
(-。-)y-゜゜゜
今年の風邪には本当に気をつけて下さい、また現在風邪をひかれている方は安静療養を心がけて下さい。


さて今回はロンのワクチン接種の日も近い事から、犬の混合ワクチンについて記事にしてみたいと思います。
みなさん犬の混合ワクチンはどうされていますか?
たぶんブログを読まれている方の大半が、ワクチンの種類は違えど毎年接種をされている事だと思います。
ちなみに今回ワクチンと言っているのは、狂犬病ワクチンの事ではなく病気を予防する為の混合ワクチンと理解して下さい。
狂犬病ワクチンの事を書くと、それだけでひとつの記事になってしまうのでそれはまたの機会に書きたいと思います。

一般的には1年目の子犬の時に2回~3回に分けて接種をして、その後毎年1回というのが通常のワクチンプログラムだと思います。
ただこの「毎年1回接種」というのに疑問を持たれた方も少なからずみえると思います。
私もそのひとりで、ネットなんかで調べてみると欧米のペット先進国等では「3年に1度の接種があたり前」という記事や「ワクチンの過剰接種で犬の身体に負担が」なんて記事もよく目にします。
日本でも一部の獣医師の先生方は、毎年接種は犬の身体に負担をかける事やアレルギーの原因、アナフィラキシーショックの危険性があるとの事で3年に一度の接種を推奨される先生もちらほら見かけます。
私もかかりつけの獣医師に相談すると「確かにそういった情報も耳には入ってきますが、製薬メーカーの保障する1年という期間に従って接種をするのが獣医師としての役目です。ただ飼い主様が希望されるようであれば、抗体価検査を行って必要であれば接種するという事もします。」との事でした。
抗体価検査とは・・・
抗体による液性免疫が出来ているかを確認する検査です。
簡単に言うと病気に対しての免疫を犬が持っているかどうかの検査です。


そんなやりとりを獣医師の先生としてみたり、別の先生に質問してみたりで悩む日が続いたのですが、滋賀県にある「こほくどうぶつ病院」の松崎院長が、希望する飼い主さんのみ「本当の予防」という意味で抗体価検査を積極的に行い、ワクチンを接種していると知り早速問い合わせてみました。
先生は大変丁寧に説明して下さり、自分なりに答えがまとまってきたのでこのように記事にしてみました。
先生の回答も交えて書いてみます。

回答より抜粋・・・ワクチン接種の頻度について多くの先生が毎年接種をすすめることは、日本全体で病原体を封じ込めるという観点からは正しく、ペットホテルやドッグランなど多くの集合施設が1年以内の証明書を必要とするので、通常は毎年接種がスタンダードだという事。
回答より抜粋・・・個々のワンちゃんだけを考えた方法で少数意見になるかもしれないが、毎年抗体価検査を行って必要になった時のみワクチンを接種する必要時補強接種などの方法をとる事も飼い主が希望すれば犬の為に積極的にして頂ける事。
ただしそれを世の中のスタンダードにするには、飼い主側の労力と抗体価検査を行う金銭的な問題もあるのかもしれません。
だからこそ、一般的には毎年接種を勧めるのが普通だと先生が言われる事も理解する事が出来ました。

先生からは以下のように専門的な回答も頂きましたので記載します。
免疫には抗体による液性免疫と白血球による細胞性免疫があり、どちらかというと細胞性免疫の方が重要で、残念ながら細胞性免疫の測定はできません。よって抗体測定で抗体が無くても免疫が全くないとは言い切れないので、抗体検査による追加接種でも実際は接種しすぎなのかもしれません。でも、細胞性免疫が残っているかもという予測でワクチン接種をやめてしまうと、病気にかかってしまうかもしれないので、どこかで追加接種する基準が必要になり、今のところ抗体検査によるところでしょう。
先生より、その他毎年接種の長所として・・・
病気や高齢になりすぎたときに必要なのに接種できないこともあるので、抗体検査は大丈夫だったけど来年は接種できないかもしれないから今年接種しておこうということを考えないといけない時が来ます。毎年接種はこの点においては長所といえるかもしれません。

このように回答を頂けましたが、私はロンには少しでも負担のない方法をとりたいと思うので抗体価検査を含めた予防をお願いする事にしました。
先生にも、「私の考えに評価をいただき、とてもうれしく思っています」と言われた事はスタンダードに逆らう事ではありますが、大変力強さを感じました。

現在の予定では生年月日から以下のように予防接種を考えています。
2009/10/9 生まれで・・・
2009/12/10 1度目のワクチン接種 ワクチン6種 
2010/1/18 2度目のワクチン接種 ワクチン6種 
2011/1/18頃 ワクチン5種予定
2012/1/18頃から年に1回抗体検査を実施し、抗体価が下がったらワクチン補強接種。
以上のように先生からも提案頂けたのでこのようにワクチン接種は行っていこうと考えています。

犬の混合ワクチンの種類は下記のようになっています。
Image10.png
だんだんと混合ワクチンの種類も増えていって今は無くなった3種混合ワクチンから5種、7種、8種、9種まであります。
ただワクチンの種類は多ければ多い程犬の身体には負担になる事は当然です。
犬にとって致命傷となる、ジステンバー、バルボウィルス、アデノウィルスの3種は当然必要なワクチンですが、パラインフルエンザとコロナウィルスは子犬の時以外はほとんど感染しない事や、レプトスピラ感染症はネズミから媒介されますが、地域によっては発生していない事、またワクチンを接種しても防げる期間が短い事、致命傷となる程重症化しない事もあげられます。
以上の事から現在の段階では5種混合ワクチンの接種のみ考えています。
5種混合ワクチンは生ワクチンがほとんどで、ワクチンの有効期間が長く必要時補強接種などの方法には良いと考えます。
レプトスピラ感染症に関しては先生と相談の上、考えて別途接種を考えていきます。
スポンサーサイト
予定していた10月の8日に停留睾丸の手術を行ってきました。
午前中に病院に連れて行き昼から手術、午後の診察の時間に引き取りの予定です。
自宅の一宮から知多の病院までは1時間以上かかるので私達は昼から知多で観光している予定です。
ロンには悪いですが、病院で待つ訳にもいかないので仕方ないです。(ーー;)
病院に着くまでは車の中で「今日はどんなところに遊びに行くんだろう」とはしゃぎまくりのロンですが、病院に着き診察台で担当の先生に引き渡した瞬間からだんだんと顔は曇り、私達が部屋から出て行く時は顔には全く笑顔がありませんでした。
先生にはくれぐれも無事に手術をお願いしますと言い残し私達は知多の観光へ
まあロンが手術中なのであまり気が乗らないですがこればかりは仕方ありません。
以下のコースで知多観光して来ましたのでよろしければご参考下さい。

まずは知多でパスタとパフェと行ったらこのお店、先日TVでも放送され待ち時間は軽く1時間を越えます。
私はお店がここの場所に変わる前から知っていてちょくちょく足を運んでいましたが、最近の混み具合にはちょっとゲンナリします。
パフェは果物がこれでもかと乗っていてとても美味しいです。お客さんの80%以上は注文されるんじゃないですかね。
でもそんな中で私はフルーツのクレープ、これがお気に入りです。
お店の名前は「シャンドール」です。

お次は私がたまに遊びに行く知多の海上釣堀です。
真鯛やヒラメ、イシダイ、ハマチ、カンパチ等が放流されています。
いつもは朝から一日楽しんだり、午後からのコースで遊びますが今日は時間がないので1時間コースです。
わずか1時間で真鯛を釣ってやろうという訳です。
まあ結果は風が強すぎてアタリもとれず厳しい釣りで全く釣れませんでしたけどね(笑)
知多の海上釣堀といえばこちら「南知多海釣りセンター

お次は自然食品やパン、地元の野菜や果物、卵等が安く買える道の駅のようなお店です。
地元の特産品や変わったイチジクの大福なんかがありました。
こちら「美浜ナチュラル村

お次は魚のお土産といえばこちらです。新鮮な地物のアサリや干物、生のお魚が手に入ります。
浜焼きなんかもしています。
でも近くのスーパーの方が安く買える物もありますヨ。
魚はこちらで是非どうぞ「魚太郎

最後は締めの温泉です、ちょっと高くて大人1人800円ですが、お湯は大変良くて特に露天風呂はお勧めできます。
そんな温泉はこちら「ごんぎつねの湯

こんなところで時間も来ましたので病院にお迎えに行きました。
先に清算をしまして待っていますが、30分経っても一向に呼ばれません。
だんだん不安になることさらに15分
やっと、○○さん「ロンちゃん」と呼ばれ、診察室へ
先生から「麻酔がまだ効いているのでちょっとフラフラですが時間経てば大丈夫です」との事です。
よかったよかった、目が覚めないなんてシャレにならないですからね、ひと安心です。
家に帰ってからはエリザベスカラーが嫌で嫌で仕方なく、「ヒャンヒャン」泣いています。
以上無事に手術が終わったご報告です。

話は変わりますが、11月の20日と21日に浜名湖で開催されますDEC祭りというワンコのイベントに誘われまして予定がつけば我が家も行く予定です。
興味のある方は見てみてください。
DEC祭りIN浜名湖

img1272c683zikazj.jpg



ロンも来月で1才を迎えようとしています。
前にも一度記事にしましたが生まれながらに停留睾丸という遺伝性の病気を持っていて片方の睾丸が外に出ていません。
その為外に出ていない睾丸はどうしても手術で取り出さなくてはなりません。
お腹の中で癌化する可能性は10%もないかもしれませんが、手術という少しのリスクの為に大きな後悔はしたくないので手術を決めていました。
親心で、少しでも設備の整った大きな病院で私の希望としては内視鏡手術をして頂けるところを探していました。
ですが自宅近くのかかりつけの病院や、同じく愛知県内の犬猫の総合病院でも高度な内視鏡手術は出来ないとの答えでした。
自分なりに調べて停留睾丸で定評のある大阪の病院では見つけていたのですが、通いやすさを考えると希望としては愛知県の病院でと思っている矢先に発見しました。
知多にある「なりた動物病院」リニューアルする前はこじんまりとした動物病院だったのですが、現在は立派な施設の病院になり獣医さんも多数在籍していて様々な動物医療を行っています。
まずはメールで相談してご丁寧に回答を頂けたので、土曜日に行って来ました。
停留している睾丸が腹腔内であれば内視鏡手術で治療出来るとの事、鼠径部 であればもっと簡単な手術で陰部の少し横を少々切るだけで取り出せるとの事でした。
レントゲン、エコー、触診をして頂いた結果は鼠径部との事で一安心でした。
まあ鼠径部であればどちらの病院で行っても切る手術となるので、「お近くで手術されますか?」と聞かれましたが、先生も丁寧で病院の設備も安心出来るのでこちらにてお願いする事にしました。
本当は自宅近くの病院で去勢手術を行うと市から補助金が出るのですが、先生も話をしっかりと聞いてくれるので少しでも安心出来るところを選んでしまいました。
手術は日帰りでOKとの事なので来月の初めくらいに予定したいと思っています。
残る問題は先生にも相談したのですが、もう片方の正常な睾丸を残すか取ってしまうかという問題なんですね。
両方とも取ってしまえば完全な去勢ですが、片方残せば男の子としての身体の作りは去勢していない状態とほぼ変わりません。
どこの病院でも停留睾丸の手術をするなら、もう片方の睾丸も取ってしまうのが普通との事ですが、去勢を考えていなかった私としてはどうしても片方は残したいと考えてしまいます。
去勢は賛否両論あってメリットもデメリットもあります、統計では去勢している犬の方が寿命が長いなんてのもあります。
それでも健康な臓器を取ってしまう事が、どうしても納得出来なくて、たとえそれで寿命が短くなってしまっても自然な事ではないかと考えてしまいます。
先生もよく理解してくれて、「片方の睾丸をどうするか手術当日まで考えて下さい」と言われて病院を後にしました。
私も悩むくらい去勢によるメリットもありますので、あくまで私個人の見解である事をご理解ください。
でも今は男の子は去勢をする方が多いと先生も言っていました、もうしばらく悩む日は続きそうです。
動物病院の待合室はワンコがいっぱいでロンは嬉しくて仕方ありません。
そんな1枚を撮ってみました。

imgcba3e256zik0zj.jpg
翌日の日曜日は夕方涼しくなってきてから木曽川の河口にロンを連れて散歩がてらハゼ釣り&セイゴ釣りに行って来ました。

img8846629czikczj.jpg
img53a7d13fzik5zj.jpg
時期に来ればハゼもセイゴもポンポン釣れますが、今年はハゼはどこへやら?
まったくアタリがありません。
なんか地球温暖化の影響でしょうか?いつもの釣れる季節がずれているというか、毎年釣りをしていると思うのですが、なんかとにかくいつもと違うんです。
そういえばサンマも高いですものね、先日スーパーで一匹250円でした。
大衆魚が高くてはビールも美味しく飲めません(泣)
ロンはカニと遊んで楽しそうです。(まあカニからしたらいい迷惑ですけど・・・)

img77b0506fzik3zj.jpg
img290b3438zik1zj.jpg
そんなこんなで綺麗な夕日を眺めて帰って来ました。

img7c982751zik2zj.jpg
imgc311cbdczik6zj.jpg
imga1104a9azikdzj.jpg

ロンは当然男の子な訳ですが・・・
みなさんワンコの去勢はどのように考えていますか?
初めロンを迎え入れた時は私も繁殖目的でないので、当然去勢はするものだという考え方でした。
でもその後色々と知識を得たり、専門家の方のお話なんかを聞いていると、去勢にもメリット、デメリットがあるという事がわかってきました。
正しいかどうかは別にして、まず一般的に言われているメリットから考えてみましょう。

一般的によく言われるのは・・・
1.マーキングが少なくなる、足をあげてオシッコをしなくなる
2.ヒート中のメス犬が近くにいてもストレスが少なくなる
3.おとなしく穏やかな子になる(子犬の時の性格が残る)
4.泌尿器系の病気を防げる・・・等でしょうか。

それに比べてデメリットは・・・
1.去勢手術を受ける金銭面や手術に対するリスク
2.オス犬らしさがなくなり、飾り毛が揃わない、毛ツヤ毛並みがよくならない
3.ホルモンバランスの異常により太りやすい体質になる・・・等でしょうか。

特にパピヨンは耳の飾り毛が垂れているのがおしゃれでカッコいいので、ホルモンバランスの異常は困ります。
一般的なメリットだといわれるマーキングについてはシツケである程度改善出来る事
ストレスについては、どうにもならないかもしれませんが、基本的にメス犬を飼われている方はヒート中はあまり外出されないのではないでしょうか?
性格については、おとなしく穏やかな性格を好まれる方には良いのかもしれませんが、ちょっと活発な子が好きな方もみえるので個々によると思います。
将来の病気を予防するというのは、そもそも将来の病気に備えて去勢をするという考え方には私自信あまり賛同出来なくて、それをいってしまったら病気になりやすい臓器を病気になる前からとらなくてはならない?人間でもそんな事していたら臓器がなくなってしまいますからね。
以上の事を考えるとロンは去勢は辞めようという結論に達したのですが、そうもいかない理由が出来てしまいまして・・・
それは、ロンが停留睾丸なんです。いわゆる片睾丸なんですね。
マッサージなんかもしましたが、半年を過ぎて睾丸が降りてくる事は奇跡のような確立だという事で・・・
遺伝性の病気で、最近は停留睾丸の子も多いとの事で10匹に1匹程度の割合でいるとも聞いた事があります。
さらに厄介なのはその停留睾丸の子の何%かの子はお腹の中に残った睾丸が癌化してしまう事。
まあ癌化するまでの確立は低いようですが、やはりリスクはあるようです。
今の状況で最善の方法を考えたところ、ある程度毛並みが揃う1年半~2年経つのを待って停留睾丸の専門医がいる病院で内視鏡手術を受けて、お腹に残った睾丸のみを除去するか、お腹に残った睾丸と共に今外に出ている片方の睾丸もとって完全に去勢するか、というところで悩んでいます。
去勢も早めにした方がマーキング等には効果があるようですが、生後1年以内の去勢に反対する獣医師もみえる事を考えると、これくらいの時期が無難ではないかな~と今は考えています。
男の子を迎えられているみなさんは去勢について如何お考えでしょうか?
また停留睾丸を経験された方もなにか情報あれば教えて下さい。


<%author>


<P>管理人プロフィール</P>

Author:RONパパ
オフィスワークに追われる毎日から早期リタイヤ目指して奮闘中「一度しかない人生を楽しもう!!」を合言葉に子育て真っ最中(汗)ロンも元気にTwinsと兄弟しています。

Author:ロン
マダムパピヨン犬舎出身
父 のん太
母 みずき
内気で内向的な男の子
ボール遊びが大好きです。
script*KT*

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。